Just another WordPress site

バイナリー 即金性重視!1000円スタートで月収131万!?


こんにちは!投資塾のヨウスケです!




今回の手法は、軍資金1万円でOK!1000円スタートで月131万円稼ぎだしたガンガントレード出来る5分足手法を公開します!


僕が負のスパイラルに陥っている時期に、悩みを吹き飛ばせる手法を編み出すことができ2通貨での単発勝率88%の期待値が取れポイント数が多い手法になります!




必ずあなたの人生を変える手法となりますので絶対に最後まで見てください!





インジケーターの設定方法


今回は以下のインジケーターを使用します!

  • MFI
  • ウィリアムパーセントレンジ


  • MFI


インジケーターの「ボリューム」の中にある「Money Flow Index」を選択

  • パラメーター
    期間「5」
  • レベル表示をデフォルトの「20」「80」

設定出来ましたらOKボタンを押してください
(今回は水色)

  • MFIとは


  • 相場の中での資金が買い、売りどちらの方向に流れているのかを価格と出来高から判断するための指標なります
  • RSIと似た特徴を持っていますが、RSIは価格の変動幅のみを使っている指標であるのに対し、MFIは値幅だけでなく出来高も考慮されています
  • 0%から100%で推移し20%以下は売られすぎの為買いのサイン、80%以上は買われすぎの為売りのサインといった見方をしていきます

  • ウィリアムズパーセントレンジ


MFIの中にウィリアムズパーセントレンジ を挿入します

ナビゲーターからオシレーターのWilliams’ Percent Range(ウィリアムズパーセントレンジ)をMFIが表示されている所にドラッグ&ドロップ

  • パラメーター
    期間「5」
  • レベル表示をデフォルトの「-20」「-80」

設定出来ましたらOKボタンを押してください
(今回はピンク)

  • ウィリアムズパーセントレンジとは


  • 1966年にラリー・ウィリアムズ氏により開発されたテクニカル指標
  • 主に買われすぎ・売られ過ぎの水準を判断するために利用されてますので、オシレーター系のインジケーター
  • 一定期間の最高値と最安値からなる価格変動幅の中で、現在のローソク足の終値を、期間内の高値と比較し、相対的にどのレベルにあるのかを示したものです。
  • 一般的に%Rの数値が-80から-100の時は相場が売られ過ぎていることを示し、 -20から0の時は相場が買われ過ぎていることを示しています



エントリーポイントの紹介


ハイエントリー


  • MFIとウィリアムパーセントレンジが1つのローソク足に対して同時に20のレベルラインに達したポイント

上記のポイントが揃った次足でハイエントリー

片方だけ超えた場合はエントリーポイントではないのと、1つのローソク足が形成されたタイミングで同時にラインを超えるポイントが重要です!




ローエントリー


  • MFIとウィリアムパーセントレンジが1つのローソク足に対して同時に80のレベルラインに達したポイント

上記のポイントが全て揃った次足でローエントリー



ワンポイントアドバイス


逆張りをかけていくこの手法ではレンジ相場の局面が有効的なので、比較的その相場傾向になりやすい時間帯が


9:00~16:00と、2:00~6:00の時間帯です!


荒れ相場の方が都合がいいですね。


理由は今回割愛するので気になる方は僕のLINEにメッセージください!!



まとめ


今回の手法は、軍資金1万円でOK!1000円スタートで月131万円稼ぎだしたガンガントレード出来る5分足手法を紹介してまいりました!


自分で色々試してみるというのが必須になってきますので、デモで構いませんので実際に取り組んでみてください!


僕のラインは1人ずつ丁寧に、その方にあったアドバイスをしていきますのでラインの登録もお願いします!




今回紹介した記事の内容は動画としても公開しています。

動画が参考になったと言う方は、「グッドボタン」と「チャンネル登録」は必ず押して下さい。


次回以降も簡単で勝てる、確実に稼げる手法を紹介させて頂きます。


今回の記事の内容:


YouTubeチャンネル:

https://www.youtube.com/channel/UCYQ7yktqlLRCvFp-gCxbvMA

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。