Just another WordPress site

バイナリー 期間限定!勝率93.8%の禁断手法


こんにちは!投資塾のヨウスケです!




今回の手法は、直近81戦76勝 勝率93.8%の業界を震撼させた禁断のハイロー裏取引5分手法を公開します!



この手法、基本的にどの通貨でも適用可能で単発勝率の実践値が81戦76勝、勝率93%となっており9勝分の利益が手に入れる事ができるんです!


必ずあなたの人生を変える手法となりますので絶対に最後までみてください!





インジケーターの設定方法


今回は以下のインジケーターを使用します!

  • 移動平均線
  • フォースインデックス
  • MFI


  • 移動平均線


インジケーターの「Moving Average」を選択して選択画面が出てきたら「リセット」します

  • 期間「20」
  • 移動平均の種別「simple」
  • 運用価格「Close」

設定出来ましたらOKボタンを押してください

  • 移動平均線とは


  • ある一定期間の価格から平均値を計算し、折れ線グラフで表したものなんですが、その日を含めた過去一定期間の価格を毎日計算するため、平均値が移動していくことから、移動平均と呼ばれています
  • 今回、設定していく期間の価格の平均値をグラフで表したもの
  • 代表的なテクニカルチャートのひとつで、価格の傾向や流れなど、相場の方向性を見る手掛かりとなり、一般的に現状の株価や為替などの価格を表すローソク足と組み合わせて、売買のタイミングを計るときに使われています!
  • 本来は移動平均線同士のクロスや移動平均線が同じ方向に向かって伸び進んでいくパーフェクトオーダーなどでトレンドや今の相場の傾向などを判断していく事が多いインジケーターです!


  • フォースインデックス


インジケーターの「Force Index」を選択

  • パラメーターはデフォルトで大丈夫です
    以前、数値を変更した場合は「リセット」するとデフォルトに戻ります

設定出来ましたらOKボタンを押してください

  • フォースインデックスとは


  • 日本語で「勢力指数」というのですが、相場の基本的な要素である相場トレンド・価格の変化の幅・出来高を組み合わせて考慮した指標になり、値動きと出来高によって計算されているんですが、出来高とは簡単に言ってしまえば『取引量』のことになります!
  • この出来高がテクニカル指標の計算式に加えられているため、『だまし』に合う可能性が低くなると言われていて、バイナリーでトレードをしていくのに騙しにあうことは非常に避けたいことなので、このフォースインデックスというのはかなり優秀なインジケーターといえます。
  • 一般的にフォースインデックスの数値が0ラインより上にあれば買いの勢力が強く0ラインより下に来ていれば売りの勢力が強いと言われているので今回は0ラインを追加しました。


  • MFI


インジケーターの「ボリューム」の中にある「Money Flow Index」を選択

  • 期間「14」
  • レベル表示のタブで
    追加「50」

設定出来ましたらOKボタンを押してください

  • MFIとは


  • 「相場の中で資金がどのように動いていくか?」を予測してくれるインジケーター
  • 似ているインジケーターとして、RSI等のオシレーター系インジケーターがありますが、MFI(マネーフローインデックス)は、それらのインジケーターと違う特徴を持っている
  • ローソク足の動きから予測するだけでなく、出来高も考慮した上で数値を変動させているところで、これにより、RSI等で起きがちなローソク足の動きとインジケーターで表示される数値が連動していない状態を軽減することが可能になります!
  • 数値は0~100%で推移し20%以下は売られすぎの買いサイン、80%以上は買われすぎの売りサインと判断出来ます!




エントリーポイントの紹介


ハイエントリー


  • ローソク足が移動平均線を下から上に突き抜けているポイント
  • MFIも50ラインを下から上に突き抜けているポイント
  • フォースインデックスが0ラインより上にあることを確認

上記のポイントが全て揃った次足でハイエントリー


ローエントリー


  • ローソク足が移動平均線を上から下に突き抜けているポイント
  • MFIを見て頂いて50ラインを上から下に超えているポイント
  • フォースインデックスが0ライン以下を推移していることを確認

上記のポイントが全て揃った次足でローエントリー

なぜ勝てるの?!

手法は根拠は3つあります!


①移動平均線はこの相場の抵抗体として判断しているので、移動平均線を抜けたということは抜けた方向に強い力が働いている


②フォースインデックスは、相場の売り買いの勢力というのを表してくれて、0ラインを下から上に超えたポイントを買いのポイント、上から下に超えるポイントを売りのポイントでになってます。
相場の取引量も加味されておりますので、ダマシが少ないインジケーターとして優秀なんです


③MFIでエントリーポイントを極力減らさずに根拠を付け加えてることができます。
今回はMFIの基準を50で設定するからMFIが50以上あれば買いのチカラが強く、50以下なら売りのチカラが強いって言うような判断の材料として使っています
50ラインを使ってエントリー基準のタイミングというのを測ってます


お勧めの時間帯

トレンド狙いの順張り手法ですのでトレンドが発生しやすい時間帯というのがロンドン市場とニューヨーク市場の両方が開始している「22時~翌2時」ごろになります!

この時間帯はもっともトレンドができやすい時間帯と言われているのでお勧めですが、この時間帯は大きな経済指標が出やすい時間帯でもあるので経済指標の意識というのは忘れずに行ってください!



まとめ


今回の手法は、直近81戦76勝 勝率93.8%の業界を震撼させた禁断のハイロー裏取引5分手法を紹介してまいりました!


インジケーターは3つと多かったのですが、エントリーポイントが簡単だと思いますので初心者さんでもすぐに習得して稼ぐ事が可能です!


僕のラインは1人ずつ丁寧に、その方にあったアドバイスをしていきますのでラインの登録もお願いします!




今回紹介した記事の内容は動画としても公開しています。

動画が参考になったと言う方は、「グッドボタン」と「チャンネル登録」は必ず押して下さい。


次回以降も簡単で勝てる、確実に稼げる手法を紹介させて頂きます。


今回の記事の内容:


YouTubeチャンネル:

https://www.youtube.com/channel/UCYQ7yktqlLRCvFp-gCxbvMA

この記事を書いた人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。